TOPICS

お知らせ

2020.12.1

発熱、倦怠感、かぜ症状、急な嗅覚・味覚障害のある方は第2診察室での対応となります。上記症状のある方は、準備の都合上まずは0138-83-8783までご連絡をお願いいたします。

年内は12月28日(月)まで診療いたします。尚、新年は1月4日(月)より平常通り診療いたします。

2020.05.20
  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため来院の際は診察室でもマスク着用でお願いいたします。
  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため定期的に院内の換気を行っています。
  • 新型コロナウイルス感染症の嗅覚・味覚障害に関して。
    嗅覚障害が新型コロナウイルス感染症の症状の一つと報道されています。
    受診による待合室での他の患者様あるいは医療スタッフへの感染拡大を防ぐため以下の通りご対応ください。
    • 他の鼻の症状(鼻づまり、鼻水、くしゃみ)が全くない。
      ⇒受診せず2週間程度自己隔離(できるだけ家族やほかの人の近くにいない)に努めてください。そのあと体調に変化なく嗅覚障害が残っている場合は当院で加療させていただきますが、直接待合室には入らず、電話連絡(0138-83-8783)をしてから受診していただくようにお願い申し上げます。
    • 上記症状に加えて発熱、咳、倦怠感などの症状を伴ってきた場合、函館市在住者は市立函館保健所帰国者・接触者相談センター(0138-32-1547)へ、北斗市、七飯町在住者は渡島保健所(0138-47-9219)へ他の地域在住者はそれぞれ所管の保健所に連絡して指示を仰いでください。
    • 鼻の症状はあるが、発熱、咳、倦怠感はない。⇒花粉症などの可能性があります。受診は可能ですがマスク着用でお越しください。
2020.07.22

コロナウイルス感染拡大予防の為、混雑時は車での待機をお願いする場合があります。特に土曜日は混みあいますのでご了承ください。

2020.05.20

5月28日(木)は午前11時で診療終了となります。

2020.05.20

8月11日(火)から15日(土)まで夏季休暇とさせていただきます。

院長ご挨拶

 2009年4月に開業して以来、〝かかりやすい〟〝待たない〟〝わかりやすい〟診療をこころがけてまいりました。ここまでクリニックを支えてくださった皆様に感謝申し上げます。
 さて、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大にともない患者様への情報提供の必要性が増してきたことから、この度ひやま耳鼻咽喉科クリニックのホームページを立ち上げることになりました。
 感染拡大予防のため来院に際して注意していただきたいことの他に、休診案内やざっくりとした院内の混雑状況なども情報発信していきます。
 開院以来、所在地の地理的特徴もあり函館市内はもとより道南各地域からも患者様が来院されるクリニックになりました。今後も道南地域のかかりつけ医となれるようにスタッフ一同日研鑽してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。(2020年5月記)

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
医学博士

院長 檜山 繁樹

略歴

  • 1991年3月 北海道大学医学部卒業
  • 1991年4月 北海道大学医学部耳鼻咽喉科入局。北海道大学病院、天使病院、苫小牧市立病院、函館中央病院、市立札幌病院に勤務
  • 2004年1月 函館中央病院耳鼻咽喉科科長
  • 2009年4月 ひやま耳鼻咽喉科クリニック院長

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会 / 日本耳科学会 / 日本耳鼻咽喉科臨床学会

INFORMATION

診療案内

診療科目

耳鼻咽喉科

診療時間

 
9:00〜12:00
14:00〜18:00    
【休診日】日曜・祝日

FACILITIES

施設紹介

Rooky

【待合室】

待ち時間短縮のため、診察前に受付で症状をお伺いしていますが、診察室で直接医師に説明したい方はその旨をお伝えください。無料Wi-Fiご利用できます。

Rooky

【キッズスペース】

衝撃吸収材の使用など安全面に配慮しています。

Rooky

【診察室】

局所の所見を画像で共有しながらわかりやすく説明します。鼻アレルギーに対するCO2レーザー治療も行っています。

Rooky

【ネブライザー】

6台体制にしています。

Rooky

【点滴用のリクライニングチェアー】

通常のベッドより楽に点滴が受けられます。

ACCESS

アクセス

〒041-0802 函館市石川町350-8 TEL 0138-83-8783

【駐車場】32台(当院前)

【函館バス】特別支援学校前下車 徒歩約6分 / 新都市病院前下車 徒歩約7分